2015年10月06日

Episode 5: Cause you're there for me too



友だちがちょっと恋しくなるCM集をご紹介。



UK版





収録語、奇しくも同じCMのアメリカ版を発見。
例の「前髪あり?なし?」のUSバージョンはずばり"bangs or no bangs?"でばっちり存在していたという。

US版





発音の違いが顕著に聞き取れるはず?


「ワタリドリ」PV。



おんなのこは世界中どこでも、ともだちとまえがみをきるいきものなのだ!





★iTunesで配信中
https://itunes.apple.com/us/podcast/quintessentially-british/id1000824050




They drag us into their madness
make us heroes in their stories
they challenge our point of view
push us out of what's comfortable
and we trust them just enough to follow
but each changes us
even if just by a little
each shifts the trajectory of our life
simply by being our friend

彼らは私を狂気に引きずり込み
彼らの物語の中で私はヒーローになる。
彼らは私の意見に反論し、
居心地のいいところから追いやり
それでも、どうにかついていこうと思えるほどには信頼している。
ひとりひとりが私を変えていく。
例えほんの少しでも。
ひとりひとりが、人生の軌道をずらしていく。
友達であるという、ただそれだけで。

They are the faces in our photos
Handwritings we know by heart
Silver linings and good luck charms

写真の中の見知った顔。
一目で分かる手書きの文字。
希望の兆しと、幸運のお守り。

It's that point when someone became more than just another someone
When friendship became official

but we knew we wanted to hold on to them
for whatever reason
but mostly because we wanted to see what could happen
when we became friends

なぜだか離したくないと思った。
理由はたくさんあるけど、
何より、友達になったら何が起こるか見てみたかった。

(※私の勝手な意訳です)

You remember your friends in a series of flashbacks, you don't remember them in terms of a continuous narrative, a collection of episodes, moments you spend together. You do remember relationships in a series of anecdotes, I think that's how the human brain works. It's how you process memories.

友だちを想うとき、一連の物語としてではなくて、たくさんのフラッシュバックや共有した瞬間の重なりとして思い出すもの。脳は、人間関係を数々の逸話として捉える。私たちはそうやって思い出を処理している。

I think what the ad tries to bring home is that, all the things you do in cyberspace on social networking sites, which may appear very clinical and completely contrived, and contrary to what spontaneous human relationships actually are, is something you have always done in real life. It echoes what you do in your day-to-day life, it's only a digital equivalent of that. It's just formalising that process.

CMが言わんとしていることは、SNSやネットの世界でやっていることはとても人工的で無機質に思えて、一見自然な人間関係と反するもののようだけど、実際は実世界でも同じことをやっているよって。これはそのデジタル版なんだよ、そういう行為を形式化しただけだよって。

I think especially for people of our generation there is that suspicion of building friendships entirely in cyberspace, there's always that guilt that it's never going to replace genuine interaction in real life.

私たちの世代にとっては特に、ネットの世界上だけで交友関係を構築することに対して懐疑的というか、罪悪感がある。純粋な人間関係の代わりにはなりえないだろうって。

Female friendships are always punctuated by trinkets, memorabilia, physical, tangible things, that you give each other as tokens.

女性の友情というのは、ささやかなアクセサリーや記念の品といった、お互いに贈り合う物理的で具体的な物で成り立っているようなところがあるし。

It's nice to acknowledge that girlhood friendships can survive into motherhood.

少女時代の友情が、母親になっても続いていくっていうことを認識してるのがいいよね。

When you are younger friends are so integral to your existence, they are the centre of your universe. It makes you think about the kind of psychological space friends occupy at different times in your life.

若いときは友だちが存在の全てで、宇宙の中心。人生のあらゆる時点で、友だちが占める心理的な割合について考えさせられる。




posted by ★ at 06:59| Comment(0) | Podcast | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: