2015年12月14日

Episode 6: Poetry in motion


IMG_8128.JPG



今回は「詩」について。学校で習った思い出深い詩など。後半はお便り紹介です。

Wilfred Owen "Dulce et Decorum est"

Dulce et Decorum est pro patria mori=国のため死ぬ事は高貴なことである。

WH Auden "Funeral blues"

Stop all the clocks, cut off the telephone...



★iTunesで配信中
https://itunes.apple.com/us/podcast/quintessentially-british/id1000824050




If there are any Latin purists out there please turn a blind eye or ear, don't shoot us, it has literally been years since we last saw this.

もしラテン語純粋主義者の方がいたら、見なかった(聞こえなかった)ふりをして。撃たないで。最後に(この詩を)見てからもう何年も経っているから。

It came more into the English lexicon.

(第一次世界大戦に関する言葉が)英語の語彙により多く入ってきた。

There's a real sense of wanting to treat the death as ceremonial, a real sense of pomp and ceremony, that you want it to be commemorated in the public domain.

死を華やかな儀式として扱いたい、公共の場で偲びたい、という感じがする。

Easier said than done.

言うのは簡単。(でも実行するのは難しい)

If you're trying to write a business letter, obviously don't go and look up Eminem...make sure your source is relatively reliable.

ビジネス用の手紙を書くなら、当たり前だけどエミネムの真似とかしないで…情報源は比較的信頼できるものを選んで。

I think the worst case scenario is if you get thrown into a party...having to make small talk spontaneously in a slightly contrived situation is probably the worst of the lot, but again people know it's not your first language so I think it's more important to come across as sociable and ready to talk. Be approachable.

パーティーに放り込まれるっていうのが最悪のシナリオだと思う。ちょっと不自然な状況で、あえて世間話をしなきゃいけない状況が最悪だと思うけど、周りは英語があなたの母国語じゃないって分かっているから、社交的で話しかけやすくいることの方が大切。

Technical things will hopefully follow suit once you've had that real life experience.

実体験を積めば、技術的なことは後からついてくると思う。



posted by ★ at 04:49| Comment(0) | Podcast | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: